支援内容

基金の概要/支援の仕組み

この基金では、親を喪ったひとり親世帯でも、子どもたちがゆめを育み、チャレンジできるように、またそのプロセスを通じて「自身の成長」「はたらくこと」「社会との関わり」に寄与することを目指した仕組みです。

支援対象者について

  1. 本基金の対象者は、連合関東ブロック連絡会・各地方連合会(連合群馬・連合栃木・連合茨城・連合埼玉・連合千葉・連合東京・連合神奈川・連合山梨)の労働組合の「組合員」・「組合員の配偶者」です。
  2. 2020年6月1日以降に「組合員」または「組合員の配偶者」が死亡・重度障害に見舞われた際に(原因は問いません)、その子どもを対象とした支援を実施します。
  3. 支援対象は24歳以下の子どもとします。
    ※こくみん共済 coop 組合員でなくとも、上記に該当すれば支援対象となります。
支援対象者について支援対象者について

ともにつくるゆめ基金 支援プログラムともにつくるゆめ基金 支援プログラム

ゆめ育成支援金〈ゆめを探す、育む、試すステージ〉

ゆめを見つけること、ゆめを育むことを目的に、「自身の成長」「はたらくこと」「社会と関わる」ことにつながるさまざまなテーマへ支援します。

0歳~24歳まで毎年の誕生日(誕生月)に、1万円分(ポイント)の支援を行います。
ポイントについては、24歳まで累積することができ、その時点で累積しているポイントを上限に利用したい目的に応じてポイントを分割して利用することもできます。

例)6歳から支援を受ける場合

7歳〜24歳まで合計18万円を支給

case.1 活用例)これから部活動を始める小学生や中学生へcase.1 活用例)これから部活動を始める小学生や中学生へ

ゆめ育成基金は部活動に必要な道具やユニフォームなどを購入するときなどにお役立てください。積み立ても可能なので、入学・進学などの際にまとめてお使いいただくこともできます。

詳しく見る
+

ゆめ応援支援金〈ゆめを実現、アクションするステージ〉

ゆめの実現やアクションにつなげていくことを目的に「自身の成長」「はたらくこと」「社会と関わる」ことにつながるテーマへ支援します。
ともにつくるゆめ基金事務局とコミュニケーションをとりながら、自身のゆめの実現のために必要なアクションについて具体化し、その具体化したアクションに対して支援します。

0歳〜15歳までのあいだに
…15万円(ポイント)
16歳〜24歳までのあいだに
…15万円(ポイント)
各期間中、上限の範囲内であれば何度でもご利用可能です。

受け取り例

10歳の時に7万円、14歳の時に8万円、18歳の時に5万円、22歳の時に10万円、上限の範囲内で合計30万円を支給

case.2 活用例)将来、語学留学をしたいと考えている大学生へcase.2 活用例)将来、語学留学をしたいと考えている大学生へ

ゆめ応援支援金は渡航費などに充てられます。さらに、ゆめ実現のためのサポート体制も充実。留学にまつわる相談にも適切なアドバイスをさせていただきます。

詳しく見る

各種サポート

金銭的支援のほかに、公的支援等の「手続きサポート」や様々な相談応対等の「コミュニケーションサポート」を行います。将来は対象者のニーズにあわせ、サポートの拡大を検討します。

支援登録申請はこちら

支援の流れ

  • 申請

    <申請必要書類>
    ・支援登録用紙
    ・戸籍謄本のコピー
    ※戸籍謄本のコピーがご用意いただけない場合は、ともにつくるゆめ基金事務局までお問い合わせください。
    ※重度障害に見舞われた場合は、別途書類をご提出いただきます。詳細につきましてはともにつくるゆめ基金事務局にお問い合わせください。

  • 登録

    ともにつくるゆめ基金事務局にて申請内容を確認し、支援登録を行います。登録完了後、「支援登録ID」を発行し、「支援登録通知書」を送付します。

  • 支援の利用申請支援の利用申請
    各種支援金の申請方法について 各種支援金の申請方法について
  • 支援金のお支払い
支援登録申請はこちら