ともにつくるゆめ基金とは

ともにつくるゆめ基金とは

 連合関東ブロック・各地方連合会(連合群馬・連合栃木・連合茨城・連合埼玉・連合千葉・連合東京・連合神奈川・連合山梨)とこくみん共済 coop 関東統括本部は、私たちの取り組む運動を未来につなげていくために、私たちが未来のはたらく仲間たちの道を開き、その持続可能性を広げいていくことが重要であると考え、「新たな助け合いのしくみ」を共創活動として検討してまいりました。
 そして、連合関東ブロック・各地方連合会の「組合員と家族のための新たな助け合いのしくみ」を共創活動として実現するために、ともにつくるゆめ基金を設立しました。

ともにつくるゆめ基金の目的

 「未来のはたらく仲間たち」の道を開き、その持続可能性を広げていくための「新たな助け合いのしくみ」では、連合関東ブロック・各地方連合会内において親を喪った子どもを支援していきます。
 親を喪った子どもたちは、ひとり親世帯調査等結果によると、「経済的・精神的・社会とのつながりに対する心配」が顕在化しています。
 子どもたちへの支援と関係性の継続を行うことで一つの支えとなることを目指します。そして、この「新たな助け合いのしくみ」の中で、子どもたちが助け合いを感じながら成長し、「未来のはたらく仲間」となることで、連合関東ブロック・各地方連合会やこくみん共済 coop 関東統括本部双方の未来につながるような活動を目指します。

ともにつくるゆめ基金 スペシャルムービー公開中ともにつくるゆめ基金 スペシャルムービー公開中